自動車保険総合案内では・・・

自動車保険総合案内では、自動車保険を選択する際に、
必要な知識や、より、自動車保険を節約する方法などを、
お話していきます。


自動車保険は、その会社によってサービス内容や、
金額が大きく変わってきます。


自動車保険というくらいですから、あくまでも保険であり、
そうそう必要なことではないのですが、
万が一を考えて皆さん自動車保険には加入しますね。

自動車保険を比較してみますと、車の大きさにも
よりますが、随分、金額に差が出てきています。

自動車保険に加入する際に、気になるのが、
金額と保障内容です。

また、実際、自動車保険を使うことになった場合の、
フォローをどれだけやってくれるか?という、
アフターフォローや、サポートも、
自動車保険に加入する際は、ポイントの1つです。


人気の自動車保険はなぜ人気なのか?
自動車保険の口コミ情報も調べて、
お話していきます。

自動車保険総合案内をキッカケに、
失敗しない自動車保険選びをして見てください。
posted by 自動車保険情報 | 自動車保険比較情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険の7つのかしこい加入方法

自動車保険に加入する場合は、
いくつかの知識を憶えておかなくてはいけません。


いくつかの知識といっても難しくありませんし、
このいくつかの知識を頭の中に入れておけば、
ムダな自動車保険を払わずにすみますので、
是非、今日は、自動車保険を加入する前に必要な、
7つの内容を聞いて帰って下さい。

自動車保険の節約につながりますので・・・


まず、自動車保険には、
対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、
自損事故、無保険車傷害、車両保険、
人身傷害補償保険と、7つの内容があります。

これら7つの自動車保険の内容を、
すべて加入することがベストですが、
お車の用途によっては、いくつかを選択し、
必要最低限の保障にすることで、
自動車保険を節約できます。

ご覧になってわかると思いますが、
自動車保険は、対人と対物に大きく分けられます。

人に関するすべての自動車保険は、
加入することをおすすめしますが、
対物保険は加入する内容と加入しなくてもよい、
内容がありますね。


早速、無料資料請求から、
あなたの車にあった自動車保険の内容を、
選択していきましょう。

自動車保険を加入する際はいかに、
金銭的な損をせず、保障をあげていくかですね。
posted by 自動車保険情報 | 自動車保険見積り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険には3種類が存在するのです

自動車保険と一言で言っても、
その保障はいくつかの内容に分かれています。

そして、保障内容によって、
自動車保険の加入金額が異なってくることは、
何回かお話してきているので、おわかりかと思います。


主な自動車保険の種類とは・・・・

自動車保険って年齢によって異なると、
聞いたことがあると思うのですが、
自動車保険の基本は、BAP(一般自動車保険)と、
言われる自動車保険の種類で、対人賠償、対物賠償、
搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害、車両保険と、
6つの自動車保険の内容から、必要な内容だけを、
チョイスして、その保険だけに加入することで、
最低限の保障は確保できるという内容です。


自動車保険には他にも、PAP(自家用自動車保険)と、
SAP(自家用自動車総合保険)というタイプがあります。

対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、自損事故、
無保険車傷害、車両保険の組み合わせによって、
自動車保険の内容が異なってきますので、
自動車保険に加入の際は、あなたにあった、
自動車保険のタイプを選択して見て下さい。
posted by 自動車保険情報 | 自動車保険比較情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険の安さと保障の落とし穴

自動車保険を選ぶ際に、
どうしても加入金額の安さに、
目がいってしまいます。


自動車保険は保険ですから、
事故等がない限り、使うことはないですし、
自動車保険にかかる加入金額は、年間でも、
数万発生するわけですから、できるだけ、
節約したいのが当然です。


仮に、自動車保険を年間で、
5万円支払っているとしたら、
掛け捨てになります。

もし、年間で払っている5万円の自動車保険を、
2万円でも安くできれば、大きい節約になりますよね。

今では、各、自動車保険会社も価格競争の中、
自動車保険の加入金額を安くしているので、
できるだけ安い自動車保険に加入することが、
節約につながります。
と言いたいところですが・・・・


ここに、自動車保険の安さと、
保障の落とし穴がありますよ。


確かに、年間で、自動車保険を数万でも、
節約できるのはうれしいことです。

しかし、いざ、自動車保険を、
使う必要が出できた時、
保障がほとんどない自動車保険だと困ってしまいます。

自動車保険が安くなることは、
うれしいことですが、
自動車保険が安いということは、
安いなりの理由があるのです。

なぜ、あなたが加入しようとしている、
自動車保険は安いのか?

安い理由をしっかり確認しておかないと、
いざという時に、まったく役に立たない、
自動車保険に加入することになります。

自動車保険の安さと保障のバランスを、
あらかじめしっかり確かめましょう。
posted by 自動車保険情報 | 自動車保険見積り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険の見積りを比較してカラクリを見抜く方法とは?

自動車保険を加入する際に、
見積りをとると思うのですが・・・

え?!見積りを1社しかとっていないですか?


了解です!
1社でも見積りをとっていれば、
見積りの意味がわかりますので、
今もっている自動車保険料の見積りを見てみましょう。

保障内容と金額は、
見積りから読み取ることができますね。

見積りをご覧になった感想はどうでしょう?


自動車保険料が高く感じましたか?
それとも安く感じましたか?


正直1社の見積りだけでは、見えにくいんです。

もしかしたら、先ほどご覧になった、
自動車保険の見積りから、
自動車保険って高いなぁと、
感じたかもしれません。

でも、実は、見積りを1社しか見ていないので、
何が高いのか?

保障内容と金額とのバランスが、
まったくわからないのです。

そうなんです。

自動車保険の見積りは、
最低3社は必要なんです。

3社ほどの自動車保険会社の見積りをとると、
見えてくるんですが、きっと見積りの書き方に、
違いがあるはずです。


金額はもちろんのこと、
言葉は違って同じ保障内容だったり、
手数料が発生していたり・・・


見積りによっては本当に必要なの?
なんていう保障が記載されています。


さて、ここからが、勝負ですよ。


3社以上とった自動車保険会社の見積りを比較して、
何がどう違うのか?疑問点をメモして下さい。

見積りは比較するために取るので、
とことん比較して見て下さいね。

そして、自動車保険の見積りを、
比較して感じた疑問点を、
今度はなぜ、その見積りになるのか?を、
問い合わせて見て下さい。

あなたの自動車保険に関する疑問を、
しっかり答えることができて、
あなたが納得できる自動車保険会社であれば、
早速、その自動車保険会社に加入しましょう。
posted by 自動車保険情報 | 自動車保険見積り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。